The Vale Rusutsu

7空港民営化 加森観光、入札参加へ 仏公団連合に加入方針

北海道新聞
2018年07月20日
 
 
 道内7空港の運営を一括で委託する空港民営化を巡り、運営権取得を目指すフランスのパリ空港公団(ADP)が結成する企業連合に、観光レジャー大手の加森観光(札幌)が加入する見通しであることが19日、分かった。私鉄大手の東武鉄道グループ、不動産大手の東京建物(いずれも東京)もこの企業連合に加入する方向。各国でのADPの運営実績に加え、地元の観光振興に波及する提案で、選定レースを優位に進めたい考えだ。
 
 複数の関係者が明らかにした。1次審査の入札応募締め切りが8月16日に迫った道内7空港民営化では、これまで北海道空港(HKK、千歳)主導の地元企業連合と外国資本との対決が注目されていた。加森観光の参加で、地元勢が二つに分かれての争いとなる。
 
 ADPはフランスのパリ.シャルル.ドゴールやトルコのイスタンブールなど26空港の運営を手がけ、アジアでは過去にカンボジアなどで実績がある。日本の空港民営化の運営事業選定の入札に参加するのは始めで。地元大手との連携が不可欠として加森側に接触し、加森側もADPが運営することで、道内への欧米路線の誘致に期待ができるとみて応じた。一方、東武鉄道グループは東京スカイツリー併設の商業施設「東京ソラマチ」などを運営。空知管内由仁町の「ゆにガーデン」の運営にも関わり、北海道にもゆかりがある。空港運営には国内旅行大手の東武トップツアーズが中心に関与する方針で、広域観光のノウハウも取り入れる。東京建物はリゾートや商業施設の開発に加え、高松や福岡空港での入札経験も生かす考えだ。
 
 道内7空港入札を巡ってはこのほか、フランスの空港運営大手バンシ・エアポートのグループも参加する方針。3陣営の争いは確実となったが、企業間の水面下の動きは続いており、最終的には、最大5グループでの競争が予想させている。
 
 1次審査で最大3グループに絞り込まれ、2次審査を経て、来年七月ごろに運営事業者となる優先交渉権者が決まる見通し。
 
 
 

加森観光と新生銀、外国人向けローン展開 ルスツのコンドミニアム対象 投資目的の中間層も照準

北海道新聞
2018年07月6日
 
 
観光レジャー業大手の加森観光(札幌)と新生銀行(東京)は、加森観光が後志管内留寿都村のルスツリゾートで開発中の高級コンドミニアム(分譲マンション型別荘)を購入する外国人を対象に、ローンの取り扱いを始めた。ニセコ人気が高い香港の富裕層などをターゲットにする。ローンの活用で中間層も含めて幅広い層の外国人を呼び込む考えだ。
 
 
 道内の開発物件を対象にした外国人向けローンは珍しい。コンドミニアムは「ザ・ヴェール・ルスツ」で、10階建て延べ床面積約1万8千平方メートル。6月に着工し、2020年11月の完成を目指す。1部屋約6千万~約4億円。すでに1月から全148室のオーナー募集を本格化しており、外国人客を中心に3割が売約済みという。自分で使わずに資産運用のための投資物件にする人も多く、中間層も含めローンの導入で成約数を増やしたい考えだ。
 
 

ニセコアルパインデベロップメンツ社長に聞く

北海道建設新聞
2018年07月06日
 
 
 加森観光(本社・札幌)による、コンドミニアム新築などルスツリゾートでの大規模な設備投資が始まった。事業パートナーとして開発を後押しするニセコアルパインデベロップメンツ(同・倶知安)。外国人観光客でにぎわうニセコ地区でのノウハウを生かし、富裕層などをターゲットに誘客を図る。本道にとどまらず、本州でのリゾート開発も模索する、マーティン・ジョナサン・ヘンダーソン社長に展望を聞いた。
 
マーティン・ジョナサン・ヘンダーソン社長
 
 ―道内の観光市場をどうみているか。
 北海道では、インバウンド観光客が年々増えており、観光ブランドとしてさらに向上する。ルスツでの開発は、着工したコンドミニアム「The Vale Rusutsu(ザ・ヴェール・ルスツ)」が第1ステージとなる。
 今後は、大型ショッピングモールや宿泊施設など、リゾートとして必要な要素全てを取り入れる。さらには、町民と観光客が交流できる場もつくりたい。短期・長期の全ての顧客が楽しんでもらえるようなリゾート地になればいい。
 
 ―ザ・ヴェール・ルスツは、6月に30戸程度売れたと聞く。
 うち約3割が日本人で、そのほかは香港やシンガポールが占めている。ニセコなどと違いリゾート内に建つコンドミニアムのため、できる限り日本人の購入者が増えることを期待している。
 
 ―ニセコやルスツ以外での開発の可能性はあるか。
 現段階で次の計画はない。これまでの開発はニセコに集中していた。今後は北海道だけでなく長野や沖縄のリゾート地を含め、いろいろ検討したいと考えている。
 

加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野

2018年06月26日
北海道建設新聞
 
 
 加森観光(本社・札幌)が、ルスツリゾートでの設備投資を強めている。23日、1棟目となるコンドミニアムに着工したのを皮切りに、今後30―40棟に増やす計画。2020年をめどに大規模ショッピングモールの建設も視野に入れる。海外企業との共同出資も視野に入れ、外国人でにぎわうニセコ地区とは違う、留寿都村のまちづくりも兼ねた観光拠点の創出を展開する考えだ。
 
 ノース&サウスウイングホテルの東側駐車場で23日、コンドミニアム「The Vale Rusutsu(ザ・ヴェール・ルスツ)」に着工した。RC造、地下1地上10階、延べ約1万8000m²の規模。国内外の富裕層をターゲットとし、販売価格は5600万―4億6000万円に設定した。併設する温浴施設などを含む18年の投資額は約140億円に上る。
 
 地鎮祭には加森公人会長をはじめ、設計を担当したピーターハン・アソシエイツ・リミテッド(本社・東京)のピーター・ハン代表、施工を担う中山組の中山茂社長が出席。クワやカマ、スキを入れ、約2年にわたる工事の無事完成を祈った。加森会長は「ルスツ内で30、40棟を建てる計画を着々と進めている。これはまだ始まり」と述べ、今後の投資に意欲を見せた。
1棟目となるコンドミニアム新築の地鎮祭でクワ入れする加森会長
 
 道内で増加する訪日外国人や日帰り客などの集客を目的にショッピングモールを計画。施設の上階にコンドミニアムを設けることも検討している。建設時期に関して加森会長は「(1棟目のコンドミニアムの販売が)60%に達したら、次の段階に進む」と示唆。「金融機関と協議しながら」と前置きした上で「2年ぐらいをめどとしている」と明かした。
 
 コンドミニアムとショッピングモールに加え、ホテルの新設も視野に入れる。大規模な開発となることから、単独ではなく、マレーシアや香港、ハワイの企業などとの共同出資による展開を見通す。
 
 さらには「従業員の確保も大事」との考えから、村内での社宅増設や住民が買い物できる店舗の誘致なども構想する。村内には1階にサッポロドラッグストアーがテナントとして入居した従業員寮がある。リゾート内だけでなく、まちづくりに寄与する開発を進める考えだ。
 
 

ルスツリゾート、海外富裕層向け新施設に投資開始 今年度の投資額は130億円 

ルスツリゾートNews Release

2018年6月14日

 

ルスツリゾート(加森観光株式会社、本社:札幌市中央区、代表取締役社長:加森公人)は、海外富裕層向け高級コンドミニアムと大温浴施設の建設に着工いたします。

今回着工する高級コンドミニアム(ザ・ヴェール・ルスツ)は地下1階、地上10階建てで全148室。販売価格は5,600万円~4億6,000万円となり、発売2か月ですでに海外富裕層を中心に約3割が売約済みとなっております。(完成予定 2020年冬シーズン)

尚、コンドミニアムに併設する大温浴施設(2018年5月に着工済み)は支笏洞爺国立公園の山並みを望む全長40mの大露天風呂を中心に、スキーやアクティビティで疲れたゲストを癒す大温浴施設となります。(オープン予定 2019年7月1日)

今回の高級コンドミニアムと大温浴施設への投資額は130億円となります。

販売戸数:家具付き 148戸(エリア最大)

構造:鉄筋コンクリート造地下1階地上10階建ユニット:1 ベッドルーム ~ 3ベッドルームオープン:2020年 冬シーズン

詳細はこちら: https://kamori.co.jp/908