プロジェクト・チーム

プロジェクト・チーム

デベロッパー

1952年に設立された加森観光は、北海道最大の観光・リゾート・レジャー企業です。 北海道初の大型アミューズメントパーク、通年型リゾート、全国スノーボード競技大会の開催などを含め、加森観光は半世紀以上にわたって世界に向け、北海道の素晴らしさを発信し続けています。

加森観光のかつての国際的なビジネス展開として、アメリカのスチームボート・スプリングス、ヘブンリー・バレー、サーベルポイント・カントリークラブが挙げられます。 これら3つの物件をアメリカンスキー社に売却し、成功を収め、この事例はハーバード大学生の研究対象となりました。

CEO加森公人氏の指示のもと、加森観光は、スキーリゾート、ゴルフクラブ、野生動物保護区、ツアー・オペレーションなど、国内外において観光事業を豊富に展開しています。

建築とインテリア

Peter Hahnの建築に関するキャリア、才能、及び経験は、ザ・ヴェール・ルスツのビジョンに完全に合致しました。

カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、Rafael Vinoly ArchitectsやTaniguchi and Associatesを含む世界的に有名な企業での経験を積み、2001年にPeter Hahn Associates Limited(PHA)を設立。

PHAは、個人住宅から、オフィスや小売業を含む大規模な都市開発に至るまで、幅広いプロジェクトを完成させており、ニセコ地域でも豊富な経験を持っています。

近年、PHAは、高級ホテルやリゾート地に特化したホスピタリティ・デザインにその事業を集中してきました。 ハーンのユニークで国際的な経験は、プロフェッショナルでもパーソナルでも、文化およびスタイルの境界を越えて、彼の作品に反映されています。

プロジェクト・チーム
プロジェクト・チーム

不動産管理

ニセコ・アルパイン・デベロップメンツ(ニセード)は、2005年にビジョンを持った人々によって設立されました。 ニセコヒラフ・スキー場の恵まれた雪に触発され、山岳リゾートスタイルの快適な宿泊施設をいくつも立ち上げました。 これらの開発事業が、ニセードがニセコで最大の不動産のスペシャリストになるための道を拓くことになりました。

デザインや建設から不動産管理、販売に至るまで、ニセードは開発から管理までの、一貫したサービスを提供することを誇りに思っています。 チームはニセードの冒険の新たな一章として、ルスツにブランドを広げていくことを楽しみにしています。